サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





素朴な疑問二つ 政治利用以外の何物でもない

0

    JUGEMテーマ:平昌オリンピック(ピョンチャン冬季五輪)

     

    最近感じる素朴な疑問を二つ。

     

     

    このところニュースでは「ポスト安倍を目指す岸田政調会長が・・・」と当たり前のように報じているが、

     

    私は岸田議員が


    「ポスト安倍を目指します!」
    「自民党総裁選に出馬します!」


    と明言されたのを聞いたことがない。

     

    (もし明言されているのであれば以下は撤回させて頂く)

     


    三橋さん逮捕 活動再開後に何を語られるか

    0

      遅くなりましたが、平成30年初エントリーです。

       

      本年も時折更新していきますのでお時間があったらご覧ください。

      今年もよろしくお願いいたします。

       

       

      昨日(1月7日)別件で記事を作っていたが、急きょ中止して本日これを書いている。新年早々とんでもないニュースが飛び込んできたためだ。

       


      すでに大騒ぎになっているこちら。

      経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 10代の妻と口論、腕にかみつき暴行の疑い 警視庁
      http://www.sankei.com/affairs/news/180107/afr1801070012-n1.html

       


      今回はこれをとりあげざるを得ない。
      新年最初の記事がこの件とは。

       


      「とりあげる」といっても、所詮は推測の域を出ないのだが、私の考えるところをお知らせしてみる。

       


      平成29年最後 来年はこんな年に

      0

        一昨年のいまごろ、私はかなり怒っていた。

        もちろん「日韓合意」なるものに対して。

         


        それから2年、隣国の汚物代表の反応がこちら。

         

         


        個人的流行語?大賞

        0

          こうした報道を見て、支那人は何か感じないのかな。

           

          天安門事件の英公文書が公開される 「死者は最低でも1万人」
          http://matometanews.com/archives/1878089.html

           

          わずか30年ほど前の支那人は、民主化を求めて行動していたわけだが、いまの奴らはどうだ?

           

          共産党が同胞を弾圧しようが、土地を強制収用しようが知らんぷりか?とりあえず自分に関係なければいいのか?

           

           

          日頃日本や韓国にさんざん偉そうなことをぬかしておきながら、自分は共産党の家畜の身分で泣き寝入りしているではないか。この腰抜けどもめ。

           

           

          もう一度書こう。

           

          30年前の支那人は、民主化を求めて行動する気概と誇りのある人間だった。

           

           

          さて、少し前に、しょーもない「流行語大賞」なるものが決まった。

           

          世間でどんな言葉が流行っているかは全く興味がないが、今年様々な報道を目にした中で個人的に印象に残っている言動はいくつかある。

           

          このエントリーでは、その中から「大賞」のひとつを紹介する。

           

           

          すでに報じられていることであり、当サイトユーザーの皆様からも「そんなもん興味ないわい!」といったリアクションが返ってきそうなので、以下は興味のある方だけご覧頂きたい。

           


          逆に考えるんだ!「嫌ってくれ」と言えば万事解決

          0

            JUGEMテーマ:国際社会

             

            支那人は、こういうのを見て恥ずかしいと感じないのだろうか。

             

            中国、芸術家夫妻を連行 劉暁波氏連想の作品展示
            http://www.sankei.com/world/news/171217/wor1712170006-n1.html
             

            あれだけ人がいながら、いまだに言論・表現の自由すら得ていないとは。

             

            大陸に10億以上も棲息しているアレは何だ?中共の家畜か何かか?

            そんなんだから韓国以下の国と見下されるんだよ。

             

             

            さて、この報道に戦慄した方も多いのではないか。

             

            サンフランシスコ市長のリー氏、急死
            http://hosyusokuhou.jp/archives/48807363.html

             

            私はオカルトの類はあまり信じないが(軽視しているわけではない)、ネットでは常識となっている「Kの法則」なるものは信じざるを得ない。

             

            韓国・朝鮮人との接触は金輪際お断りしたい。

            なので、こんなニュースを見るとホッとする。

             

             

             


            「嫌いだ」くらいは喚く自由がないと 少しずつでも反映させていく

            0

              JUGEMテーマ:日本の危機を救え


              なんでシナ人って、10億人以上もいながら、いまだに民主化を達成できないのかなぁ?

               

              よっぽど臆病で奴隷体質な民族なんだろうなぁ。

               


              さて、少し前に「保守速報」さんにこんなまとめがあった。

               

              【豪州極右】ポーリン・ハンソン
              「他人を認めないレイシストの日本人はオーストラリアから出ていけ!」
              http://hosyusokuhou.jp/archives/48805854.html


              昨今の傾向では、こうした言動はまず間違いなく

               

              「ヘイトスピーチ」
              「排外主義」

               

              のレッテルを貼られ、非難の対象となる。

               


              蟷螂の斧 「枕言葉」を今後の方針に シナ共産党打倒を目指して

              0

                JUGEMテーマ:中国

                 

                産経や虎ノ門ニュース、ザ・ボイスといった媒体の報道を見ていると、支那の脅威が日に日に増していると感じずにはいられない。

                 


                例のサンフランシスコ市の慰安婦像の件もあり、


                「シナに報復したい」
                「シナ共産党を倒すため、何かできないか?」


                と考えている方は多いのではないか。

                 


                もちろん私もその一人なのだが、個人でシナに経済制裁をかけられるわけはなく、世界に反チャイナプロパガンダを広められる力もない。私ひとりではできることは微々たるものだ。

                 


                しかし、何かしなくてはならない。

                 

                 

                 

                 

                続きを読む >>

                | 1/181PAGES | >>