サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





蓮舫代表の今後の課題(特に熊本で)民進党は選挙を戦えるのか?

0

    JUGEMテーマ:政治家

     

    これは、つまらない男のままのほうが良かったのではないか。

     

    【速報】蓮舫氏が民進党代表に当選した結果⇒法務省「日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性がある」
    http://crx7601.com/archives/49548285.html

     


    代表選の途中から、ネット上では蓮舫二重国籍問題が大盛り上がりしていた。

     

     

    さすがにこれは民進党も無視できないだろ・・・と推移を見ていたのだが、何もなかったかのごとくシレ〜ッと代表選は日々進行し、あれ?あれ?という間に蓮舫が代表になってしまった。

     

    (余談ながら、一部マスゴミは「二重国籍問題」ではなく、「台湾籍問題」と呼んでたな。
    「二重国籍」のほうが問題の本質を表していると思うのだが、在日シナ人・朝鮮人の気に障る言葉なのだろう。
    こういう話題で「台湾」を前面に出すあたり、マスゴミの卑怯さはさすがである)

     

     

    まさか蓮舫が代表は無いよな・・・と思っていたが、その「まさか」があっさりと決定してしまった。

     

     


    民主党熊本 消費税での分裂ぶり 松野頼久オワタ

    0
      今回は苦言から。
      しかも木原みのるさんに対して。

      前エントリーで書いたみのる塾では、木原さんも当然講演されたのだが、内容はイマイチだったと言わざるを得ない。


      用意されていた資料は古いし、テーマ自体が来場者を熱くさせるものではなかった。
      簡単に言うと退屈だったのだ。


      塾を開催するのは結構だが、あの内容で「次も木原さんの話を聞きたい」と考える人は少ないだろう。


      次回は二ヶ月後だそうだ。
      公開講座を開くのであれば講演のスタイルを大きく変えないと入塾希望者はそれほど増えないのではないか。


      関連して動画をひとつ紹介する。
      三橋さんと木原さんが講演後に雑談している様子を撮影したもの。
      こちらはなかなか面白いのでご覧あれ。
      時間は6分ちょっと。

      木原みのるさん&三橋貴明さん
      http://www.youtube.com/watch?v=zvOw34zuKas


      さて、今日(2012 4/23)テレビのローカルニュースを見ていたら、「消費税をめぐって分裂している民主党熊本」という報道があった。


      なかなか興味深い内容だったので、ポイントをまとめて紹介する。

      次回衆院選で民主党議員が当選する方法? TPPへの自民党の姿勢は? 2011 1/24テレビタックル見ていて

      0
        2011 1/24放送のテレビタックルを見た。 

        国会が始まったものの、与謝野氏の入閣や消費税、TPPなど火種満載である。


        番組でも、予算関連法案はそう簡単には通らないだろうと断言され、「菅内閣は早晩息詰まる」という空気が蔓延していた。


        「民主党内にも消費税・TPP反対派がいる」「民主党は分裂する」といったコメンテーターの話を聞いていたら、「もしかしたら一部の民主党議員は、このやり方で選挙生き残りを図るかもしれない」という気がしてきた。

        「このやり方」とは・・・


        本田浩一氏が熊本3区から衆院選に出馬するそうで 私が知ってること

        0
           今日(2010 12/18)夕方のローカルニュースを見ていたら、久しぶりに民主党の本田浩一氏をテレビで見た。

          何でも、次の衆院選で熊本3区から出馬するそうだ。


          本田氏は、夏の参院選にも出馬しており、松村よしふみさんに敗北している。
          報道では、この時本田氏が35万票弱を獲得したことから、衆院選に出ることを決めたのだとか。


          私個人的にはなんだかなぁ、という感想だ。
          それにしても、こうした話が出るということは、衆院選がいよいよ近いのだろうか。


          私が本田氏について知っていることを紹介する。
          熊本3区の方の参考になればうれしい。


          松野頼久なにやってんだ! 熊本不買運動されっぞ

          0
            (タイトルに「熊本の恥」と入れる直前だったが、辛うじて思いとどまった)

            久しぶりに松野頼久議員をテレビで見た(2010 12/10〜12/12)。
            またろくなことはやってない。


            「小沢支持派」って、あんた何やってんだ!
            いまさら汚沢でもないだろう。


            世論調査の結果知ってるか?
            「汚沢には説明が必要」ってのは、大多数の国民が言ってるんだよ。


            あんたの仕事は小沢に「国会で説明するべきです」と直言することだろ。
            民主党お得意の「民意」はどこ行ったよ?
            (そう言えばこの言葉も聞かなくなったな)


            民主の言う「民意」は所詮は「党意」だからな。


            議論をふっかけられる覚悟はあるのか?辻立ちしてる民主党の議員(候補)

            0
              今日熊本市内のある場所を通ったら、民主党所属の市議会議員候補が辻立ちをしていた。


              来年の統一地方選挙に向けての行動だろうが、今の日本で、しかも民主党所属の議員が有権者に直接語りかけるのは、よほどの覚悟が必要だと思う。


              いまは、マスゴミが全く報じないにも関わらず、平日昼間のデモに2000人以上集まる時代だ。

              首相官邸包囲デモに2千人!(平日昼間)
              http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4063.html


              一般人の政治への関心・危機感はこれまでになく高まっているのは間違いない。
              私程度の政治・経済知識を持ち合わせている人はゴロゴロいる。


              辻立ちしている民主党の議員(候補)は、こうした有権者から議論をふっかけられる覚悟はあるのか?

              保守に目覚めた日本人は、現政権にハラワタが煮えくりかえっており、先鋭化している。
              民主党所属の人間が目に着いたら、ほとんどケンカを売るつもりで考えを質すだろう。

              私もそのひとりだ。


              そういう日本人から、「民主党所属ということは、外国人参政権は容認する立場なんですね?」などと聞かれたら、どう答えるつもりだ?


              海保のビデオに何が映っていたのか この状況下でも結局できることは

              0

                 民主党が海保のビデオを公開しない方針を固めたそうだ。

                2ちゃん的韓国ニュースさん
                【衝突ビデオ】民主党幹部「ビデオを出したら国民は激高するだろう」
                http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1317774.html


                激高したらどうだというのだ?
                「怒るべきことは怒る」人間としてごく当たり前の反応ではないか。

                しかもこの場合、「怒り」の対象は中国だぞ。
                なぜ日本の政治家が、「日本人が中国に怒るのはマズイ」と判断するのだ?


                全くワケがわからない。


                こんなことをするから、今度はその怒りが民主党政権に向かうのだ。
                この程度の想像力も無いのか。

                言っておくが、選挙権を持っているのは日本国民だぞ。


                ところで、このビデオには何が映っていたのだろうか?
                あくまでウワサの域を出ないかもしれないが、 こんな記事を目にした。



                (昔はあった)綱領を持たない民主党 木原さんの講演から

                0
                  強制起訴された汚沢が、実に理想的なリアクションを見せてくれている。
                   
                  MSN産経ニュース

                  「淡々と政治活動続ける」小沢氏 離党、議員辞職を否定 証人喚問は「国会決定に従う」
                  http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101007/stt1010071415002-n1.htm

                  【小沢氏会見】党として処分不要 民主・輿石氏が表明
                  http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101007/stt1010071627005-n1.htm


                  民主党は、「国民の民意に答える」といった言いまわしを今後二度と使わないように。


                  私は以前、汚沢を「悪性腫瘍」に例えたことがある。



                  ブーッ!岡崎トミ子が国家公安委員長? やる夫 セガールVS小沢

                  0
                    ようやく改造内閣のメンツが決まったが・・・。

                    菅直人内閣閣僚名簿
                    http://www.jiji.com/jc/v?p=kan_naoto_cabinet_reform&rel=y&g=pol


                    ブーッ!岡崎トミ子が国家公安委員長?



                    菅が勝った これからどうなる?所感あれこれ

                    0
                       民主党代表選で菅が勝った。
                      菅が勝ちそうだな、とは思っていたが、ここまで差がつくとは予想できなかった。


                      ネット上では、ゲンダイはじめ在日連中の「汚沢マンセー」が相当酷かったので、オフラインの世界では買収・恐喝工作の嵐じゃないか?と感じていた。

                      (在日は汚沢首相誕生→公明党と連携→外国人参政権成立 と期待していたようだ)


                      こりゃもしかしたら汚沢もいいとこまでいくかも?という気もしたが、結果はご存じの通り。


                      先の参院選と言い、今回の汚沢の惨敗と言い、在日朝鮮人は何をやってるのだ?

                      努力が足りんぞ。



                      前回のエントリーでも書いたように、今回の代表選は分裂の危険性を拡大させただけだったな。

                      こんな記事もある。
                      (いまいちソースが弱い気もするが)

                      2ちゃん的韓国ニュースさん
                      菅陣営「小沢一郎の息の根を止める。側近らもさらし首だ」 粛清リスト 原口一博、山田正彦、樽床伸二
                      http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1302897.html


                      続きを読む >>

                      | 1/3PAGES | >>