サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





嫌韓流4と二つの「強制連行」 変わったこと・変わらないことと今後の意識

0
    JUGEMテーマ:韓国

    「嫌韓流4」を読んだ。
    「嫌韓流」シリーズは、言うまでもなく、いまに連なる「嫌韓」本(正しくは、韓国について事実を書いた本)の嚆矢である。


    「嫌韓流4」初版は2009年6月1日。
    悪夢の政権交代が起きる直前である。


    作品の冒頭では、「もしも民主党が政権をとれば、外国人参政権や人権擁護法案が実現してしまう!」と危機感に満ちている。

    「今・・・手遅れにならないうちに平和ボケをしている日本人に在日の実態や彼らの目論んでいることについて
    気づいてもらわなければならない・・・もはや友好などと言っている場合ではないんだ!


    (中略)

    これは日本人として負けられない戦いなんだ!」
    (30ページ)


    これから5年と少し。
    その間日本人の意識は大きく変化し、日本の政治も変わった。
    現在の安倍政権下では、これらの売国法案などもはや忘れ去られたかのようだ。
    変われば変わるものである。


    変わったと言えば、これを書かないわけにはいかない。
    再び「「嫌韓流4」から引用させて頂く。


     
    (韓国人)「かつて日帝は20万人もの朝鮮の乙女を『強制連行』して無理やり『従軍慰安婦』にしたんだ!」

    (中略)

    (日本人)「さっき韓国人が口にした『従軍慰安婦』についても韓国から冤罪の歴史を着せられています」

    「韓国人は日本軍が20万人もの朝鮮人女性『強制連行』し無理やり慰安婦にして戦地に送って日本軍の性奴隷としたと主張していますが、実際は『従軍慰安婦』とは軍人相手に商売をしていたプロの売春婦に過ぎません」

    「慰安婦の総数は約二万人で朝鮮人慰安婦は4000人程度といわれています」

    「朝鮮人慰安婦の中には親に売られたり悪質な朝鮮人に騙されて人身売買されたり誘拐によって慰安婦にされた者もいますが・・・日本軍が彼女たちを『強制連行』して無理矢理慰安婦にしたという事実はありません」

    (242〜245ページ)


    「日本軍は朝鮮人女性を慰安婦として強制連行した」とする吉田清治の記事を、朝日新聞が取り消した。

    MSN産経ニュース
    慰安婦問題、「吉田証言」に踊った人たち
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140807/plc14080711310011-n1.htm


    これまでのウソを謝罪したのかというとそういうわけでは全くなく、むしろ各方面から批判噴出の「取り消し」だった。

    朝日新聞
    http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11905599324.html

    朝日新聞が吉田清治の証言について裏付け得られず虚偽と判断・石破茂が朝日関係者の国会招致に言及
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5533.html

    旧・新聞紙法復活希望
    http://ttensan.exblog.jp/20982006/


    日本人の朝日新聞への軽蔑・敵愾心はむしろ高まっているようで、朝日新聞の解約は今後も進むだろう。

    ありのまま、朝日新聞がやったことを話すと、「弁解したと思ったら煽っていた」という、まさにポルナレフ状態である。
    (AA略)


    とはいえ、上の産経ニュースの記事にあるように、反日侮日の首魁・朝日新聞の今回の行動は画期的な出来事には違いない。

    「嫌韓流4」の5年前と比べれば、ここでも隔世の感はある。
    世の中は動いているのだ。


    しかし、いまだに変わっていない、いやむしろ後退していることもある。
    一部の勢力が「変えることを拒否している」というべきか。


    大越「在日の方達は強制的に連れて来られて大変な苦労を重ねた」NHKニュースで強制連行のデマ
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5514.html


    「在日は日本に強制連行されてきた」なんて、民団でもいまどき言わないネタだ。
    「嫌韓流4」にも、次のようにある。


    「これまで在日韓国・朝鮮人は日本人の無知に付け込んで
    日本に来た理由について日本銀に銃剣で脅されトラックに詰め込まれて無理矢理連れて来られたなどと主張し
    それを『強制連行』と呼んでいた」

    「しかし近年その嘘が暴かれて使いにくくなってくると民団幹部の朴一などは
    『在日は全て強制連行の被害者とその子孫』という主張は間違いであると渋々認めるようになった」

    「しかしそれでもなお朴一は『強制連行(労務動員)』『強制力の強い労務動員(強制連行)』・・・などと様々な表現を使い『強制連行2.0』とでも言うべき新たな定義を生み出そうと躍起になっている」

    (59ページ)


    NHKは、すでに枯れた「在日強制連行」までも、スキあらば甦らせようとしている。


    朝鮮人は、朝日新聞の「取り消し」を意図的に無視するだろう。
    「取り消し」を取り消そうとすらしてくるかもしれない。


    もしくは、新たな反日のネタを作り出すか。


    反日工作は、今後も執拗に続くのである。

    日本人は、今後も糾弾の手を緩めてはならないし、日本の立場の主張と反日勢力の殲滅は続けなくてはならない。

    マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック)
    マンガ嫌韓流 4 (晋遊舎ムック)
     


    コメント
    コメントする