サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





朝日新聞が許されるかもしれない最低条件

0
    JUGEMテーマ:マスコミ・報道
    JUGEMテーマ:朝日新聞

    朝日新聞の木村社長が、「吉田調書」の記事を誤報と認め、謝罪した。
    そしてそのついでに慰安婦報道に関して弁解した。
    (と思ったらまた煽っていた)

    MSN産経ニュース
    「痛恨の極み」 吉田調書報道で朝日新聞・木村社長、苦渋の表情で謝罪
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140912/crm14091205150002-n1.htm

    謝罪といっても、謝る対象は朝日の読者と東電のみ


    こんなものが受け入れられるかアホ!


    弁解した後もなお「広義の強制性はあった」などとぬかしていて、言ってもムダだとは思うが、
    本当に謝罪・贖罪の意識があるなら、朝日新聞とテレビ朝日はとりあえずこれくらいやれ。

     
    ・「いわゆる『従軍慰安婦』は、自主的に軍についていた売春婦である」と報道しろ

    まずはこれが第一歩。
    これをやらないことには話にならない。
    英・独・仏・露・西・伊・葡・朝鮮・支那語でも発信するのは言うまでもない。


    ・朝日が信じる「言葉の(暴?)力」とやらで、まずはソウルの日本大使館前にある慰安婦像を撤去してみろ

    それができたら・・・


    ・世界中にある慰安婦の碑・像およびそれに類するものを全て撤去しろ

    そして・・・


    ・国連人権委員会に「慰安婦の強制連行はなかった」と発表させろ

    以上が実現したら、


    ・日本人全員(特に戦没者御遺族のみなさん)に謝罪しろ

    これで終わりではない。


    ・いわゆる「南京大虐殺」は根拠のないデマであると報道し、
    ・他局マスゴミの捏造や「報道しない自由」の問題点を報じろ



    社が存続しているうちにやるのだから、とんでもなく忙しいことになる。


    ここで挙げたこともやらず倒産してしまったら、それこそ「日本の敵・売国奴」の汚名を着たまま果てることになるぞ。
    (そんなこと気にする連中ではなかろうが)


    逆にここまでやれたら、許すかどうか検討してもいい。
    やらないうちはダメだな。

    「世界中で失われた日本の名誉回復措置を講じていただきたい」 自民・稲田氏が朝日新聞に
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140912/stt14091212550006-n1.htm


    「贖罪はもう十分だ」と考える日本人が増えてきたら、朝日の新聞広告や購読者数も復活するだろう。


    ひとつアドバイスしといてやる。

    会見で社長が言っていた「第三者委員会」に、百田尚樹さんと櫻井よし子さん、テキサス親父(トニー・マラーノ氏)に参加をお願いしてみたらどうだ?

    この三人が入るなら、福島瑞穂あたりが参加しても面白いと思うぞ。
    百田さんのツイートやトニーさんの動画はものすごく注目されそうだな。


    何はともあれ、またひとつ歴史が動いた。
    今後もこの方向に動かしていこう。

    (あとは安倍政権がマトモな経済政策をとってくれれば言うことないんだけどな・・・)

    WiLL(ウィル)2014年10月号
    WiLL(ウィル)2014年10月号
     

    コメント
    コメントする