サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





パリ新聞社12人死亡と産経の加藤前支局長 日本マスゴミの立場は?

0
    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

    フランスの政治週刊誌「シャルリー・エブド」本社で、編集長や寄稿していた漫画家ら12人が殺害された。
    犯人はおそらくイスラム過激派組織のメンバーか。

    世界中が大騒ぎになっている。

    犯行の一部始終−編集室で最初に編集長射殺 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」
    http://www.sankei.com/world/news/150108/wor1501080055-n1.html

    犯人の動機は、この週刊誌がムハンマドを風刺(侮辱?)する漫画をたびたび掲載していたから、ということで間違いなさそう。


    日本のマスゴミでもこの点は報道されているが、それではどのような風刺漫画だったのかは、私が見る限り報じられていない。


    そこで、ちょっと調べてみた。
    参考にしたのはこちら。

    【シャルリー・エブド】パリで襲撃された新聞はどんなことを報じていたのか
    http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/07/4-cartoonists-killed-charlie-hebdo_n_6433584.html
     
    この記事によると、殺害された漫画家達は


    ・ムハンマドを同紙の新しい編集長に指名したという風刺画 「笑いすぎて死ななかったら、むち打ち100回の刑だ」とのセリフつき
    ・ムハンマドを同性愛者として描いた風刺画
    ・ムハンマドのヌード姿
    ・ムハンマドが「バカに愛されるのもラクじゃない」と頭を抱える風刺画
    ・「原理主義者に悩まされて困り果てたムハンマド」とすすり泣くムハンマドの漫画
    ・イスラム国が預言者ムハンマドの首を切る漫画



    などを掲載していたそうだ。

    まずはこの件に対する、私の立場を明らかにしておこう。


    私は、他人の表現の自由は言うまでもなく尊重する。
    しかしそれは、良識・常識(私の基準だが)・責任感・必要性および正当な理由や根拠を備えた相手に対してだけのこと。
    これに該当しないヤツが「表現の自由」を振りかざしても、私はあからさまに軽蔑する。


    だからは私は天皇陛下やご皇室を「表現の自由」で侮辱するヤツは心底軽蔑するし、最近はハリウッドのタラコ唇女も「排除リスト」入りした。


    (今回の件で言えば、この雑誌はこれほど執拗にムハンマドを「風刺」する必要があったのか?
    だいたい、ムハンマドが同性愛って何だよ。
    そんな風刺をする正当な理由はあったのか?これは単なる侮辱じゃないのか?)


    ただし私の場合、とことん軽蔑し遠ざけることはあっても、相手を殺すことはない。
    (一方で、我慢の限界を超えたら何するかわからんぞ、という人もいるわけで)


    それで、日本のマスゴミはこの件に対してどうコメントしていたかというと、本日(1月8日)夕方のフジテレビと日テレのニュース、そして夜のテレ朝・報捨ていずれも

    「表現の自由に対する重大な侵害・挑戦です!」

    という論調だった。
    犯人側を一方的に非難していたのである。


    私には少々意外だった。


    「この風刺画は、イスラム教徒の信仰の対象であるムハンマドへのヘイトスピーチみたいなものです。雑誌社側にも責められる点はあります!こんな風刺画は規制されるべきでした!」

    ぐらい言うのかと思ったが、そんな意見はついぞ聞かれず。


    そしてさらに不思議だったのは、マスゴミが「表現の自由の侵害」を云々するのであれば、なぜ韓国に拉致されている産経新聞の加藤前支局長に言及しなかったのか?


    「韓国の態度は表現の自由への重大な侵害です!」と一言くらい触れろよ。
    日本人が当事者だろうが。



    表現の自由を侵害されて起きたフランスの殺人事件はトップニュースで長々と報じるくせに、日本人である加藤前支局長の件はいまやほとんど忘れ去られたかのようだ。

    現在進行形の事件にもかかわらず、である。


    例えば日本でパククネの風刺画をいくつか描き、それに対して韓国から抗議が来た場合、日本のマスゴミはどのように報じるのだろうか。

    「日本の生活保護を在日朝鮮人やシナ人に搾取され、増税に苦しむ日本国民」なんて風刺画も見てみたいものだ。
    それに対するマスゴミの反応も。


    万が一、それらによって日本人が朝鮮人に殺害されたら?

    まさか産経新聞以外は全力でスルーか?
    ありえる話だから怖い。


    今回のフランスでの事件は、今後しばらく話題になるだろう。
    その扱い方の違いを、国別および国内であればメディア別に意識して見ていればなかなか興味深いのではないだろうか。



     

    コメント
    シャルリー・エブドはモハメットだけを批判しているのではありません。 キリストもユダヤも各国の政治も批判しています。
    イスラム教だけを批判する新聞が何十年も続くはずがありません。
    • ヤスクン
    • 2015/01/13 7:34 AM
    コメントする