サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





東京都知事選挙が終わって

0

    JUGEMテーマ:選挙

     

    当ブログユーザーの皆様は、東京都知事選に危惧を抱いていた方が多かったのではないだろうか。

     

    当初は宇都宮氏も出馬するとのことだったので、サヨク票も割れるな・・・と、やや楽観視していたのだが、その後まさかの宇都宮氏出馬取りやめ。

     

     

    鳥越が野党統一候補に決まってしまった。

     

     

    何せ東京では、あのレンホーが参院選であれだけ得票するのである。鳥越は知名度もあるし「これは本格的にヤバい」と感じたのは、私だけではないはず。

     

    私としては、桜井誠氏を支援する気だったし、東京在住の知り合い数人にも「桜井さんをよろしく」と推薦しておいた。


    しかしこのブログでは、桜井さん推しを前面には出さなかった。


    それもこれも、いわゆる保守票が割れるのが恐ろしかったから。

     

     

    正直な話、本人も演説されていたように、桜井さんの当選はまずあり得なかった。しかし選挙活動中の街宣や動画の拡散により、桜井さんの主張は東京以外にも広く周知される。

     

     

    桜井支持者が増えて次のステップにつなげられる。

     


    私としては、桜井さんの都知事選はそこに意義を見出していた。


    私は、桜井さんに国会議員になって欲しいのである。(しかし、桜井さんは「選挙はこれが最後」と言ったとか。そんなこと言わなくてもいいのに・・・)


    かといって、桜井さんに支持が集まりすぎて、小池氏の票を喰ってしまえば、鳥越が漁夫の利を得てしまう。
    これが怖かった。

     

     

    しかしフタを開けてみれば、鳥越があまりにもポンコツだったため、勝手に自壊して小池氏の圧勝。

     


    落ち着くべきところに落ち着いた結果に、心底ホッとした。


    (今となっては、石原慎太郎さんの「厚化粧」発言は、実は小池氏への援護射撃だったんじゃないかとまで勘ぐっている。慎太郎さんが増田氏を本気で応援するかなぁ?)

     

     

    別に収穫というわけではないが、今回の選挙では、宇都宮氏が意外とスジの通った人なのだとわかった。

     

    この方の思想や信条に同意することは今後もないが、サヨクにも人間の言葉が通じる人物がいると認識させられた。


    というか、鳥越側に憑いたサヨクがひどすぎたため、宇都宮氏がまともに見えたのか?

     

    宇都宮氏事務所に鳥越支援者側から罵詈雑言FAXの嵐「それが応援に来いという対応ですかね?」
    http://jpsoku.blog.jp/archives/1059617567.html

     

    この件で、今後野党が宇都宮氏を担ぎ出す目はまずなくなっただろうな。

     

     

    宇都宮氏が野党の統一候補だったら本当にヤバかった。


    鳥越と野党およびその取り巻きがボンクラで助かった。もう少し人間に近い所作を身につけておくべきだったな。

     


    とりあえず一件落着。

    選挙活動に従事した皆様、お疲れさまでした。

     

     


    コメント
    コメントする