サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





適切に制裁・報復できる日本に

0

    JUGEMテーマ:日本の危機を救え

     

    今日は8月15日。
    周辺国から何かとイチャモンをつけられる日である。

     


    安倍総理、稲田防衛大臣は靖国神社を参拝されなかった。

    当ブログユーザーの皆様はどう感じられただろうか。


    私は正直言って残念だ。

     

    上念司さんが、先日の「おはよう寺ちゃん」で

     

     

    「8月15日の参拝は、三木武夫総理がパフォーマンス的意味合いで始めた(昭和50年・1975年)ものだから、この日の参拝の有無は重要ではない。それよりも、春と秋の例大祭での参拝に意味がある」

     


    という旨の発言をされていた。

     

    確かにそうかもしれないが、私としては日本の政治家であれば「イチャモンをつけられているから行く」という選択をして欲しいのだ。


    総理も防衛大臣も参拝しない理由があるのかもしれないが、どれほど理屈を並べようと「他国からの干渉に屈した」としか解釈されない。

     


    どれだけイチャモンをつけようが、捏造で貶めようが、日本は報復しない。反撃しない。

    せいぜい「遺憾の意」か、やっても8分遅刻くらいである。

     


    安倍政権が続いている。

    現時点では選択肢がこれしかないのだが、「これじゃ駄目だ。埒があかない」感も続いている。

     


    韓国議員団・竹島上陸
    超党派議員10人が上陸強行 日本政府の強い抗議に「一顧の価値もなく、あきれる」「無礼だ」
    http://www.sankei.com/world/news/160815/wor1608150014-n1.html

     

     

    武力を使えなくとも、報復・制裁する手はいくらでもあるはず。憲法9条の縛りが云々という話は全く関係ない。

     

     

    なぜそうした手段を使わないのか。

    相手が「遺憾の意」など歯牙にもかけていないのは、嫌というほど思い知らされているではないか。

     

    簡単に言えば、なめられているのである。

     

     

    もしかしたら「制裁したからといって竹島は返ってこない」とか言う議員もいるかもしれない。

     

     

    それならばなぜ、北朝鮮には制裁しているのか。

     


    制裁は、拉致被害者を取り返すための努力・手段の一環ではないのか。
    その手段を、韓国にも使えよ。

     


    竹島を取り返すための努力を完全に放棄しているのが歯がゆくて仕方ない。

     


    相手は韓国だけではないし、攻撃するだけが手段でもない。

    本日の靖国神社参拝や、尖閣を有人化することも立派な反撃である。

     


    青山繁晴さん(参院議員と呼ぶべき?)によると、今年中に総選挙があるとか。


    適切に制裁・報復できる日本にする気があるのかどうか、そろそろ議員(候補)に質し始めておくのも良いかもしれない。

     

     

     


    コメント
    コメントする