サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





三反園知事も北朝鮮の核実験はスルー マニフェストとの矛盾も

0

    JUGEMテーマ:政治家


    北朝鮮の核実験後、原子力規制委員会から発表があった。

     

    北朝鮮による核実験実施に対する放射能影響の観測結果について
    https://www.nsr.go.jp/activity/monitoring/monitoring5.html

     

    公開されたPDFには、


    「47都道府県、環境省及び公益財団法人日本分析センターが実施しているモニタリングポストによる空間線量率の測定結果(9月10日15時〜9月11日8時)について特別な変化は見られませんでした。」

     

    「航空自衛隊機により、平成28年9月10日に日本上空で大気浮遊じんの採取を行い、公益財団法人日本分析センターにおいて核種分析を実施した結果、人工放射性核種は検出されませんでした。」


    とある。

    核実験による放射線量増加などの影響は、とりあえず無さそう。


    この件について、ぜひコメントを聞きたい方がいる。

     


    鹿児島県の三反園知事だ。

     

     

     

    すでに何度も報じられているように、三反園知事は川内原発の停止を求めている。


    三反園訓知事の「原発即時停止」要求は自縄自縛か? 
    規制委もあきれる権限も知識もない大暴走はいつまで続く

    http://www.sankei.com/premium/news/160910/prm1609100025-n1.html

     


    知事に原発を停止する権限はないのだが、すでに2度も九電に停止要請している。


    九電の関係者もいい迷惑だろう。

    口の悪い私なら

     

    「うるせーバカ。こっちも忙しいんだ。
    権限も無いくせにスタンドプレーしてんじゃない。他にやること無いのか」

     

    とでも言いたいところ。

     


    三反園知事が危惧しているのは、


    「熊本地震が起きて、鹿児島県民が川内原発に対し不安を抱いている。事故が起きて放射能汚染が起きたら、取り返しのつかないことになる」


    ということで間違いないと思う。


    権限もないのに必死に原発を止めようとするからには、放射能汚染がさぞ気になるのだろうが、

     


    北朝鮮の核実験については何かコメントしたのか?

    そして「大気中の放射線量に特に変化はありません」くらいの発表はしてるのか?

     


    いずれも私は聞いてない。

     

     

    三反園知事に限らず、日本の「放射能汚染が気になる人々」が批判・妨害するのは、日本の原子力だけなんだよなぁ。

     


    隣国で核実験しようが、原発の不備が指摘されようが、完全スルー。

     


    そういえば、先の東京都知事選では鳥越も反原発を唱えていたが、鳥越も核実験については全くコメントなし。

    選挙には出なかったが、宇都宮弁護士は何か言ってるのかな?

    (余談だが、宇都宮氏が熊本高校出身だったのは驚いた)


    さらには、広島・長崎の首長は?

     


    「北朝鮮の核実験は絶対に受け入れられない」
    「支那・ロシア・北朝鮮は核兵器を放棄しろ」
    「韓国は原発の安全性をもっと高めるべきだ」


    今後反原発派が日本人の支持をもっと広げたいのであれば、これくらいのことは言わないとダメだろう。

     


    ところで、三反園知事のマニフェストの最初に何と書かれているかご存じだろうか?


    マニフェスト みたぞのさとしの政治姿勢
    http://www.mitazono.net/manifest.html

    これによると、


    ー、「聞こう!語ろう!対話の県政」を目指し、車座対話を復活させ、全市町村をくまなく回り、皆様の声に対し、積極的に耳を傾けて参ります。


    なのだそうだ。

     


    しかし原発の件では、このように報じられている。


    「地元の声聞かぬ」沸き上がる憤り 三反園知事 信頼関係にひび
    http://www.sankei.com/life/news/160826/lif1608260042-n1.html


    「県民の声を聞くといいながら、特定の意見しか聞いていない。原発が止まったら困る住民の思いにも耳を傾けるべきだ」。

     

    鹿児島県の三反園(みたぞの)訓(さとし)知事が九州電力に対し、川内原発の一時停止を要請した26日、地元・薩摩川内市の声に耳を閉ざす姿勢に、憤りの声が沸き上がった。

     

    三反園氏は7月28日の就任からこの日まで、薩摩川内市の岩切秀雄市長と一度も意見交換をしていない。

     

    (中略)

     

    三反園氏が薩摩川内市の声を聞こうとしないのはなぜか−。

     

    「地元で事業者と話をすれば、原発が突然停止した場合に、どれほど住民が困るかが分かる。九電に申し入れをしにくくなるからだろう」。市幹部はこう推察した。

     


    これは先月26日の記事。

    その後知事が薩摩川内市を訪れたのかと記事を探したら・・・


    川内原発、九電回答で不毛なやりとり収束 信頼構築は三反園氏の番に
    http://www.sankei.com/region/news/160910/rgn1609100061-n1.html

     

    次は三反園氏が、県民の不安解消や、地元自治体・九電との信頼関係の構築を実行に移す番だ。まずは薩摩川内市や九電との「対話」が必要だろう。

     

    これは9月10日の記事。

    確実ではないが、薩摩川内市との密な対話は行われていないようだ。


    同市はこの件の一番の当事者といって過言ではない。
    本来なら、最初に話を聞くべき相手のはず。

     


    三反園知事を選んだ鹿児島県民は、マニフェスト違反として糾弾してみてはいかがだろうか。

     

    マスコミが絶対に伝えない 「原発ゼロ」の真実
    マスコミが絶対に伝えない 「原発ゼロ」の真実


    コメント
    コメントする