サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





「土人」が差別語でない根拠 呉智英氏

0

    JUGEMテーマ:社会の出来事

     

    少し前、沖縄へ派遣されていた大阪府警の機動隊員による「土人」発言が「差別ではないか」と騒動になった。

     

    これに対し、鶴保庸介沖縄・北方担当相は「差別とは断定できない」としたが、例によって(?)野党やマスゴミは猛反発した。

     

    この件は産経の阿比留記者の記事が詳しい。

     

    【阿比留瑠比の極言御免】
    「土人」は「差別」なのか
    http://www.sankei.com/premium/news/161117/prm1611170007-n1.html


    この中で阿比留記者は、「週刊ポスト」に掲載された呉智英氏のコラムを一部紹介されている。


    「私は三十年以上前から何の問題もないと主張してきた。事実、当時普通に使われていた言葉である」

    「土着という言葉を知らない無知な輩(やから)が『土に汚れた人』の意味だと『差別認定』して騒いでいるのだ」


    この「週刊ポスト」は偶然私も購入していたので、該当する部分の前後を含め、抜粋して紹介する。

     

    「土人」は差別語ではない根拠のひとつとしてご理解いただきたい。

     

     

    ついでに、「支那」について言及されている部分も抜粋しておく。

     

    ↓以下抜粋


    「支那」問題については、私は全共闘の学生だった頃から、支那は「支那」だと言い続けてきた。世界共通語である「支那」が日本でだけ禁圧される差別性を批判してきたのだ。

     

    (中略)

     

    機動隊員は「支那人」を侮蔑的な意味で使ったらしいが、これがそもそも無知である。支那人を侮辱する言葉は別にある。そんなことさえ知らないのだ。

     

    (中略)

     

    もう一つの「土人」についても、私は三十年以上前から何の問題もないと主張してきた。事実、当時普通に使われていた言葉である。

     

    研究社の「新簡約英和辞典」(1956年初版)は名辞書の誉高く、長期に亘って重版が続いた。版が切れた1980年代に入っても、古本屋で人気商品だった。

     

    この辞典でIndianを引くと「インド人」の他に「アメリカ土人」と出でくる。インディアンはアメリカ土着の人だからである。

     

    白人は渡来人なのだ。当然、奴隷として連れて来られた黒人は土人ではない。「土人」からはこれだけの意味を読み取ることができる。

     

     

    長谷川町子の「サザエさん うちあけ話」(姉妹社、1977年)は朝日新聞に連載されて人気を博した。

     

    そこに麻酔薬の起源として「土人が狩のふき矢に使う毒」とある。これで朝日新聞社を取り囲む20万人(主催者発表)の抗議デモが起きたりしてはいない。

     

     

    今年三月に朝日新聞出版社から復刊された版では「底本どおりに掲載」という注が付いている。

     

    土人とは土着の人、土地の人の意味であるから、日本人同士でも使われる。

     

    江戸後期の方言辞典「物類称呼」(岩波文庫)にも「尾張の土人」の方言が出でくる。徳川御三家の一つ尾張の人でも土人で何の不思議もない。

     

    「土着」という言葉を知らない無知な輩が「土に汚れた人」の意味だと「差別認定」して騒いでいるのだ。ネット右翼の「在日認定」と同類の愚行である。

     

    ↑抜粋ここまで

    週刊ポスト2016年11月18日号49ページより

     

    冒頭の阿比留記者の記事によると、「土人・支那人」発言をした機動隊員は感情的になりやすく、工事反対のキチガイ活動家らにかねてから目をつけられていたそうだ。

     

    「挑発すれば何かやらかす」対象としてのターゲットだったわけだ。

     

     

    何とも汚いというかやり方が陰湿というか、このへんにも特ア人の心性を感じる。

     

    ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書)
    ニッポンの懸案 韓・中との衝突にどう対処するか(小学館新書)

     


    コメント
    コメントする