サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





「変見自在」より GEが欠陥原子炉の責任を追及されない理由

0

    JUGEMテーマ:日本の危機を救え

     

    前々回のエントリーで、「なぜ福島第一原発の原子炉製造会社GEの責任を追及できないのか」と疑問を呈した。

     

    福島第一原発の原子炉 製造国は? 青山繫晴さん「ぼくらの祖国」より

    http://forjapan.jugem.jp/?eid=1248

     

     

    先日読んだ、盪垣鞠靴気鵑痢嵎儻自在 日本よ、カダフィ大佐に学べ」に、その理由があった。

     

    一部を抜粋して紹介する。

    フォント変更は管理人によるもの。

     

     

     

     

    以下抜粋↓


    朝日はそこで30キロ圏の外側でも福島県産の魚もコメも危ないのではと書く。それは風評になった。

     

    福島産が売れなくなると「東電に求償したら」と矛先の持って行き先を示唆する。ゴルフ場も観光ガイドも地震の被害者もその行列に並んだ。

     

    だって原子力損害賠償法には事業者、つまり東電は「無過失、無制限の賠償責任がある」とある。

     

    (中略)

     

    朝日は東電に無制限の賠償を求める原賠法をマッカーサー憲法のように崇める。

     

    しかし同法には憲法9条以上に異様な規定がある。たとえGEの原子炉に欠陥があっても責任は問わない。事業者のみが責任を負うというくだりだ。

     

    同法ができたのは61年。米国ではバクスター対フォード事件(32年)などですでに製造物責任の法概念が出来上がっていた時代だ。

     

    それがなぜ日本は米メーカーの過失すら問えないことにしたのか。東電内部に限らず、原賠法成立当時、これはヘンだという声があった。

     

    実際、GEの原子炉は故障が多く、稼働率は最低。応力腐食割れで全炉を停めたこともあった。

     

    それを健康に維持し得たのは日本の優れた技術力があってのことだった。だからGEが津波を無視してまで脆弱な非常用電源を海側に配置した過失が際立つ。

     

    GEは発明より訴訟で儲けたエジソンが創った会社だ。端から責任逃れの手を打っていただろう。

     

    (210〜212ページ)

    ↑抜粋ここまで

     

    原子炉の製造者には責任を問わない法律があったわけだ。

     

    この法律の成立過程を知りたいなぁ。

     

     

    アメリカの責任逃れに一役買った議員がいたのか?圧力があったのか?

    頭に入れておこう。

     

     

    それにしても、「変見自在」を読んでつくづく思うのは、

     

     

    欧米人・シナ人・朝鮮人の卑劣さ

     

     

    である。

    汚い。実に汚い。

    しかも自分のことは全力で棚に上げるから始末が悪い。

     

    アメリカ、ヨーロッパ、特定アジアでテロや暴動が起きても、何ら同情する気は起きなくなる。

    「自業自得」のひとことだ。

     

     

    というか、この汚さがグローバルスタンダードなのだろう。

    日本がいかに美しく清廉で、特殊な国かよくわかる。

     

    私はそんなスタンダードに染まりたくはない。

    「島国根性」や「ガラパゴス」で結構。

     

     

    しかし残念ながら、世界のみならず日本国内にも、日本を汚したくて仕方のない輩がゴマンといる。

    そんな連中を認識し、手口を知るためにも「変見自在」は必読である。

    変見自在 日本よ、カダフィ大佐に学べ
    変見自在 日本よ、カダフィ大佐に学べ

     


    コメント
    海外からは日本人はお人好しと思われている一方で、清潔ぶった卑怯ものとも思われてるでしょうけどね。

    日本が清潔なのは地理的に恵まれていることもあるが、私たち日本人が、昭和の汚さを忘れているのかもしれませんよ。


    • 久坂玄瑞
    • 2017/01/10 2:49 PM
    コメントする