サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





朴槿恵弾劾 今後の煽りネタと韓国民の反応は

0

    JUGEMテーマ:韓国

     

    ちょっと遅れた話題で申し訳ない上に恥をさらすようだが、私は「もしかしたら弾劾されないかも」なんて考えていた。

     

    それがまさかの裁判官8人全員が弾劾に賛成。

    まぁ弾劾はあるとしても、全員賛成て・・・orz

     

    やっぱり「パククネ擁護者」のレッテルは貼られたくないのかなぁ。
    貼られたが最後、裁判官といえど社会的に抹殺されるのだろう。

     

    大多数の韓国民が弾劾に大喜びしているようだし。

     


    それでいいのか?と思うが、これが韓国。
    日本人の私がとやかく言ってもしょうがない。

     


    弾劾が決まった今、今後個人的に興味があるのは


    次の煽りネタは何か


    ということ。

     

    これまではとにかく「朴槿恵憎し」で煽りに煽り、お祭り騒ぎだった。

    その熱狂が過ぎ、これから大統領選までの約2ヵ月はどういうネタを持ってくるのか、が気になるのだ。

     


    当ブログユーザーの皆様は、どう予想されるだろうか。

    私としては、


    ・慰安婦合意の破棄(←本命)
    ・サムスンはじめ財閥の解体
    ・THAAD配備撤回あるいは配備抗議運動
    ・北朝鮮との連携強化
    ・在日朝鮮人の資産没収
    ・韓国核武装論ブチ上げ
    ・竹島に韓国軍駐留
    ・「用日」強化


    など、可能性の高低を無視してあれこれ考えている。


    韓国にとってこれからの2ヵ月は本当の正念場だ。


    日本は、

     

    「カップラーメンの値段を知らない」
    「漢字が読めない」
    「政権交代」
    「自民党にお灸をすえる」
    「民主党に一度やらせてみよう」


    といった煽りに乗せられ、2009年の選挙で間違った選択をしてしまった。それから悪夢・暗黒の民主党時代が始まっている。

     


    加えて度重なる災害で多大な被害と犠牲者を出しながらも、どうにか国体は保っている。


    「煽り」は現在も続いているが、近年の傾向を見るに、それももう日本人には通用しないようだ。今後09年と同じ間違いはしないだろう。

     


    韓国はどうか。


    「朴槿恵憎し」の煽りと熱狂が過ぎた今、韓国人といえど多少は冷静になっているだろう。そこから大統領選に向けて次の煽りが始まった時、韓国人はどう反応するか。

     


    そして09年の日本のように「間違った」選択をした場合、韓国は国体を保てるだろうか。


    じっくり観察させてもらう。

    あくまで「対岸の火事」なのだが、「韓国史上初の大統領弾劾」という歴史的事件が目の当たりに起きているのである。


    興味を持たずにはいられないではないか。

     


    そして周辺国からひたすら嫌悪され、信用もされず孤立した低民度国家がどういう末路をたどるのか、壮大な悪い例が日本のすぐとなりで進行している。

     

     

    日本人として決して同じ轍を踏まないよう教訓としつつ、笑顔で見守ろうと思う。

     


    コメント
    コメントする