サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





ここまで堕ちたか熊日新聞 もはやムチャクチャ 新生面の教育勅語批判

0

    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

     

    先日(平成29年4月6日)ある定食屋に入ったら、熊日新聞が置いてあった。

    かなり昔から熊日は私にとって「マスゴミ」なので、特に読む気はなかったが、たまには目を通すかと手にとってみた。


    久しぶりに読んだ「新生面」は、思った以上にヒドかった。


    パヨク臭(キムチ臭?)が充満していたのである。

     

    2017年04月06日  新生面
    http://kumanichi.com/sinseimen/201704/20170406001.xhtml
     

    教育勅語とそれを容認した政府を批判していわく、


    (森友学園の籠池氏は)園児には「父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し」などとする教育勅語を暗唱させていた

     

    (中略)

     

    勅語は家族愛の一方で「忠君愛国」の名の下、軍国主義教育に利用された

     

    (中略)

     

    今になって政府が学校で教育勅語を教材として使うことを容認するとは−。
    活用を勧めるわけではないそうだが、学校現場で忖度[そんたく]が広がるようなことにならないか。

     

    家族像も教育も国家権力の押し付けになってはなるまい。

     

     

    そもそも、この主張はムチャクチャである。

     

    「政府が学校で教育勅語を教材として使うことを容認するとは」と批判しているが、あくまで「使ってもいいよ」という態度なわけで、「使え」とも「使うな」とも言っていないのだ。

     


    これほど国家権力を押しつけていない態度があるだろうか?

    (いや、無い)

     


    にも関わらず、「国家権力の押し付けになってはなるまい」などとワケのわからない結論になっている。

    現場が忖度するかどうかを、政府が干渉できるわけがない。

     

    忖度って言いたいだけだろ?

     


    そしてお得意の教育勅語→軍国主義の印象操作。

     

    この根拠となっているのは、教育勅語のおそらくこの部分だろう。
    同じ個所の訳を二つ紹介する。


    放送法に基づき(?)勅語の批判記事と擁護記事両方から抜粋している。

    (全文は最下段にあるので関心のある方はご覧頂きたい)

     

     

    「万一危急の大事が起つたならば、大義に基づいて勇気をふるひ一身を捧げて皇室国家の為につくせ」

     

    「教育勅語」復活論者は、単に歴史の無知をさらしているだけより
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50764?page=2

     

     

    「もし国家に危険が迫れば忠義と勇気をもって国家のために働き、天下に比類なき皇国の運命を助けるようにしなければなりません」

     

    国民が知らない反日の実態
    https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/443.html

     

     

    「国家の危機には、国民が国のために力を尽くしましょう」と書いてあるだけ。
    至極当たり前のことであり、何がいけないのか全く理解できない。

     

     

    私には、教育勅語を軍国主義とからめる連中が以下のような妄言を吐くアンポンタンと同一に思える


    「安倍はヒトラーだ!」
    「日本が戦争に巻き込まれなかったのは憲法9条のおかげ!」
    「集団的自衛権を認めると戦争になる!徴兵制が始まる!」

     

    「シナ・北朝鮮の挑発には大人の対応を」

     

    「テロ等準備罪新設法案が成立したら監視社会になる!」
    「カレーも作れない共謀罪」
    「LINEもできない共謀罪」

     

     

    言ってる本人は真剣なのかもしれないが、「どんだけバカなんだ」と日本人に笑われているのは気付いていない。


    この人もそのひとりか。

     

    船田氏、教育勅語「憲法に反せぬ形で教材に使えるのか」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000096-asahi-pol

     

    「憲法や教育基本法等に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」とした政府答弁書を引用して、「『憲法や教育基本法に反しない形』で教育勅語を教材に使えるのだろうか」と疑問を呈した。

     

     

    教育勅語を暗唱させている塚本幼稚園に関しては、「憲法・教育基本法違反ではないのか?」といった指摘はほとんどなかったと記憶している。

     

    土地取引だの忖度だのばかり。
    パヨク連中が「洗脳だ!憲法違反だ!」と大騒ぎしても不思議ではないはずだか。

     


    憲法・教育基本法に反する形での教育勅語の利用例を知りたいものだ。

    もしそんなものがあったら、合わせて日教組の反日・自虐教育についての見解も聞いてみたい。

     

     

    最後に余談になるかもしれないが、よく読んだら熊日の「新生面」は教育勅語を擁護しているのかもしれない、とも思えてきた。

     

     

    というのも、


    勅語は家族愛の一方で「忠君愛国」の名の下、軍国主義教育に利用された


    とは、


    本当はそういう主旨ではないのだが、勅語は利用された。
    教育勅語は被害者である!

     


    と読めないこともない。
    ということは熊日は勅語を擁護しているのか!


    でも全体を読むと・・・やはりそんなことはなさそうである。
    やっぱりたま〜に、ついでに読む程度でいいや。

     

    昭和天皇の学ばれた教育勅語
    昭和天皇の学ばれた教育勅語

     

     

    国民が知らない反日の実態
    教育勅語とその精神
    https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/443.html

     

    私(明治天皇)が思うに我が皇室の御先祖様が国をお始めになったのは、遥か昔のことであり、その恩徳は深く厚いものです。


    我が臣民は忠と孝を守り、万人が心を一つにしてこれまでその美をなしてきましたが、これこそ我が国の最も優れたところであり、教育の根本も実にこの点にあります。


    あなたたち臣民は父母に孝行し、兄弟は仲良くし、夫婦は協力し合い、友人は信じ合い、人には恭しく、自分は慎ましくして、広く人々を愛し、学問を修め、仕事を習い、知能を伸ばし、徳行・能力を磨き、進んで公共の利益に奉仕し、世の中のために尽くし、常に憲法を重んじ、法律を守り、もし国家に危険が迫れば忠義と勇気をもって国家のために働き、天下に比類なき皇国の運命を助けるようにしなければなりません。


    このようなことは、ただあなたたちが私の忠実で良い臣民であるだけではなく、あなたたちの祖先の昔から伝わる伝統を表すものでもあります。


    このような道は実に我が皇室の御先祖様がおのこしになった教訓であり、子孫臣民が共に守らなければならないもので、今も昔も変わらず、国内だけではなく外国においても理に逆らうことはありません。


    私はあなたたち臣民と共に心に銘記して忘れず守りますし、皆一致してその徳の道を歩んでいくことを切に願っています。

     

     

    「教育勅語」復活論者は、単に歴史の無知をさらしているだけ
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50764?page=2


    父母に孝行をつくし、兄弟姉妹仲よくし、夫婦互に睦び合ひ、朋友互に信義を以て交り、

     

    へりくだつて気随気儘の振舞をせず、人々に対して慈愛を及すやうにし、学問を修め業務を習つて知識才能を養ひ、善良有為の人物となり、進んで公共の利益を広め世のためになる仕事をおこし、


    常に皇室典範並びに憲法を始め諸々の法令を尊重遵守し、万一危急の大事が起つたならば、大義に基づいて勇気をふるひ一身を捧げて皇室国家の為につくせ。

     

    かくして神勅のまにまに天地と共に窮りなき宝祚の御栄をたすけ奉れ。

     


    コメント
    コメントする