サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





「シナの一部」に韓国が返すべき言葉 石平さんなら(管理人の想像)

0

    JUGEMテーマ:国際社会

     

    石平さんのツイッターに「そう言われれば、確かにそうだよなぁ」と気づかされた経験はないだろうか?

     

    石平太郎

    https://twitter.com/liyonyon

     

    私は何度もある。

    よくもまぁこれほど鋭く、物事の本質を突く視点を持てるものだとたびたび感服している。

     

    当たり前のように2〜3千回リツイートされるのも納得である。

    昔のシナにはこんな人がたくさんいたんだろうなぁ。

     

    石平さんのような人物が国の政治に関わり、

     

    立法、予算配分、外交、軍事、安全保障、経済活動、環境保全、教育

     

    などを指揮していれば、今頃シナはどうなっていたか。

    あれだけの領土と人口があれば、余裕で世界トップの超大国に成長していただろう。

     

     

    もちろん今となっては、それは空しい想像でしかない。

    現実には北の黒電話頭と大差ない指導者連中が、朝鮮人と大差ない生物を10億以上も管理・搾取しているだけの国になってしまった。

     

    いや、国ですらないか。シナ共産党という暴力団の”シマ”だ。

     

     

    そういえば、習近平が「韓国は我が国の一部だった」と発言し、韓国が激怒しているとか。

     

    「韓国は中国の一部だった」? 習近平主席の“講義”をトランプ大統領が暴露 韓国メディアは「一考の価値もない」

    http://www.sankei.com/world/news/170420/wor1704200034-n1.html

     

     

    韓国は「韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」」と返したようだが、これはあまりにもヒネリというか含みがない。

     

    どうせなら、こう返してほしい。

     

    「我が国はすでに独立を果たし、民主化を成し遂げている。

    言論や信教の自由がある。

    国民は指導者・政治家を選択できる。

     

    どこかの独裁国家のように、指導者が国民を何千万人も弾圧し、殺したことはない。

     

    いまだに独裁体制を維持し国民や他国を抑圧している野蛮な後進国ではない。

     

    そして国民はその独裁に隷属してはいない。

    政治を変えるべく行動できる。

     

    我々は阿Qではない」

     

     

    韓国にも石平さんみたいな人がいたら、これくらいのことは言うだろうし、韓国社会も今頃はだいぶ違っていたはずだが、これまた空しい想像でしかない。

     

    親日だ何だとレッテルを貼られて社会的に抹殺されるのだろうな。

     

     

    日本も似たようなところはあるが、特アの三バカ国に比べればまだマシか。

     

    政治ではいまだに反日組織が跋扈していて、ひたすら日本を停滞させている。

    それでも、石平さんのような方の言論を拡散し、少しずつ前進していこう。

     

     


    コメント
    コメントする