サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





宮崎正弘さん支那人はなぜ嘘をつくのか

0

    JUGEMテーマ:中国

     

    ちょっと遅くなったが、希望の持てる記事。

     

    鬼畜眼鏡がキタ━━(゚∀゚)━━!!!谷垣前幹事長!復活へ!!!!!
    http://www.moeruasia.net/archives/49578425.html

     

     

    谷垣さんが復帰に向けて活動されている。


    事故後の様子を聞いた時は、「復職は難しいかも?」と感じていただけに、実にうれしいニュースだ。

     

    以前も書いたように、野党自民党時代に谷垣さんがいなければ、いまごろ日本は反日民族に破壊されていたと私は考えている。

     


    谷垣さんは日本に必要な政治家である。体調を万全に整えて、ぜひ復帰して頂きたい。

     


    さて、今回も記事をひとつ紹介する。

     

    「週刊現代」で特集されていた、評論家の宮崎正弘さんと、ノンフィクション作家の河添恵子さんの対談である。

     

    支那人がなぜあれほど嘘をつくのか、支那人にとって嘘とはどういうものか、などがわかる、興味深い内容である。

     

    以下に一部抜粋する。

    ↓ ↓ ↓

     

    宮崎 「躾」という漢字は、和製漢字です。中国人がこの漢字を見ると、エロチックな女体を想像してニヤニヤする。「絆」という漢字も、中国では馬車の座席に置く革帯の意味しかありません。

     

    東日本大震災の時、日本で人と人との「絆」が強調されましたが、中国人記者たちは何のことやら分からなかった。

     

     

    ―― 先ほどの宮崎さんの発言にあった「中国人=嘘つき」ということも、中国人同士の人間不信と関係するのでしょうね。

     

     

    宮崎 その通りです。中国人は朝から晩まで、生まれてから死ぬまで嘘をつき続けています。なぜなら、そうしないと生きていけないからです。

     

    そもそも「嘘」という漢字は、中国語では「ゆっくり息を吐く」という意味で、ウソの意味はない。

     

    それどころかウソを表す漢字自体がなんいです。なぜなら中国では、世の中がウソに満ちているからです。

     

    冒頭で、中国人は家族以外、信じないと言いましたが、それは自分も含めて誰もが嘘つきだということを、よく自覚しているからです。

     

     

    河添 その典型が、中国共産党ですね。人民はいいカモで、うまく騙した共産党員は出世する仕組みになっています。善良な人は、出世なんてできない。

     

    しかも共産党幹部は、習近平総書記の発言を、まるで金太郎飴のように唱えています。面従腹背ですよ。

     


    宮崎 中国人のことを一つだけ誉めると、極めて頭のいい民族なんですよ。

     

    なぜかというと、昨日会った人と今日も会うと、昨日ついたウソから始めないといけない。そこに別の人が現れると、あれっ、この人についたウソは何だったっけと、また記憶を辿ってウソの上塗りを始める。

     

    こんな芸当、性善説で生きている日本人にはできません。

     


    河添 中国の教育を見ると、暗記がすべてですからね。科挙の時代から現代に至るまで、逆に言えば、想像力と創造力が著しく欠如した教育です。

     


    宮崎 とにかく、中国人は法律と制度の穴探しの名人ですよ。そのような中国人が日本人を見ると、バカに見えるでしょうね。もしかしたらわれわれのことを、宇宙人と思ってるかもしれない(笑)。

     

     

    河添 脳天気すぎる宇宙人かな。中国人にとって日本人ほどのカモはいませんよ。土産物屋で、最も高い値段でモノを売りつけられるのが日本人客というのは常識です。

     

    抜粋ここまで。
    週刊現代2017年4月22日号48〜49ページより。

     


    「制度の穴探しの名人」っぷりが発揮されている一例がこちら。

     

    中国人が日本の医療にタダ乗り!制度の盲点を突く…1円も払わないケースも 日本人患者にしわ寄せ
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48793303.html

     

    なんとも迷惑極まる下等生物だ。

    同じ日本の医療を施された、こちらのタイ女性とはあまりにも違いすぎる。

     

    【朗報】「アリガトゴザイマス」日本旅行中に心臓発作で倒れたタイの美女、生存率0.2%から快復し無事帰国 

    日本の医師に感謝(画像あり)
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48793137.html

     

     

    支那ヒトモドキと比べること自体、タイ人に失礼か。

     


    コメント
    コメントする