サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





都民ファースト圧勝 これから懸念することも

0

    JUGEMテーマ:選挙

     

    昨日(7/3)ブログを書こうと思ったのだが、ジュゲムにアクセスできなかった。

     

     

    また、まとめサイトの「厳選!韓国情報」や「おーるじゃんる」も表示されなかった。

    見られなかったサイトは他にもあり、攻撃か何かか?と、ネット上の情報を簡単に探してみたがそれらしい記事はなし。

     

    今日は閲覧できるので問題ないのだが、あれは何だったのだろうか?

     

     

    さて、ご存じのとおり、都議会選挙では都民ファーストが圧勝した。


    私は都民ファーストがここまで勝つとも、自民党がここまで負けるとも思っていなかった。

     

     

    これから都議会は大量の”素人議員”により運営されるわけだが、大丈夫かなぁ。
    豊洲移転の件だけでなく、オリンピックの準備もまったなしの状況なのだが。

     


    自民党や維新はもう少し議席をとってしかるべきだったと思う。
    議会運営が危なっかしくなりゃしないか。

     

    「自民党にお灸を据えたつもりの都民がお灸を据えられていた」という、過去の過ちの再現は勘弁してほしい。

     

     

    小池知事に替わって都民ファースト代表になった野田氏は、なんと現憲法を破棄して大日本帝国憲法を復活させるべし、と主張しているのだとか。

     

    【速報】都民ファースト・野田代表「北朝鮮および在日朝鮮人組織への一切の支援を断ち、圧力を強めるべき!」
    http://hosyusokuhou.jp/archives/48796252.html

     


    これが国政政党の話なら「憲法改正なんてチンケなこと言ってんじゃねぇぞ!」と、一気にボンと右側に引っ張れるのだが、残念ながらそれはできそうもない。

     

     

    とはいえ維新の例もあるし、新しくできた地方政党が憲法改正をはじめとする提言を盛んに行って、もうすこし日本を右側に進めてほしい。

     

    ちゃんとした政党であれば、国政進出の際にも応援させて頂く。


    ただ、懸念もある。


    野田氏の信条が本心かどうかが、まだはっきりしていない。


    右寄り発言は口先だけで、似非保守でなければいいのだが。

    今後この人の言動に注目していきたい。

     

     

    野田とつく政治家はつまらん、という私の偏見を覆してくれることを願う。


    ※以下余談

    全国のみなさま、申し訳ありません。

    つまらん政治家・野田の筆頭は熊本2区の野田毅です。

     

    この期に及んで財政健全化なんぞを声高に叫び、日本の景気回復の足を引っ張っている、完全無欠・純度100%の老害であります。


    でもこの人、当選回数15回で(確か)自民党最多なのです。あの麻生さんでも12回。

    15回も当選して最多とくれば、どんなアホでも党での発言力はあるわけで。

     


    全国のみなさま、本当に申し訳ありません。
    熊本県民のひとりとしてお詫び申し上げます。


    何とかならんもんかなぁ・・・。

     


    コメント
    コメントする