サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
朝日新聞をいまだに購読しているあなた、日本人ですか?

熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





支那人へ忠告 自由と民主主義は大変だぞ 「変えられる」のは確かだが

0

    JUGEMテーマ:中国


    かなり遅れた話題で恐縮だが、先日の名護市長選挙で与党系の新人・渡具知候補が勝利した。

     

    辺野古移設派の新人が名護市長選で勝利 朝日「これが民意とは言えない」
    http://gensen2ch.com/archives/74355486.html

     


    私は名護市とは何の縁もないにも関わらず、この結果には本当に安堵した。正直、渡具知候補は負けると思っていたのだ。

     

     

    現職の稲嶺陣営が卑怯極まる工作を活発に行っていたこともあり、「さすがに厳しいかな?」と悲観的だったが、フタを開けてみたら渡具知氏の勝利。

     

    しかも若い世代から支持を集め、結構な差をつけての完勝だった。

     


    うれしいサプライズを感じると同時に、「自由と民主主義」ってのは大変だな、とも痛感した。

     


    この結果を支那人はどのように受け止めたのだろうか?

     


    沖縄が支那の工作活動にドップリはまっていることはもはや誰でも知っていることであり、いまさら指摘するのは恥ずかしいくらいだ。

     

    現職だった稲嶺の「パンダ呼ぶぞ」アンポンタン発言でもそれがよくわかる。

     


    特に今回の選挙は、基地問題に直結していることもあり、その工作は凄まじいものがあったろう。

     


    にも関わらず、渡具知候補が勝った。そして、稲嶺による8年間の暗愚市政にピリオドが打たれた。

     


    工作活動に関わった支那人からコメントを聞く機会はもちろん永遠にないだろうが、一般の支那人はこの選挙の経過と結果に何か思うところはないのだろうか。

     


    支那人にひとつ言っておこう。

     

    「いまだに民主化も達成していない、韓国以下の後進国」とバカにしつつ、そんなことを言うのはおかしい、と突っ込みを受けそうだが、

     


    自由と民主主義は大変だぞ。

     


    残念ながら(?)日本は自由すぎるくらい自由だ。


    沖縄では支那の工作員が伸び伸びと活動できる。それだけではない。

     

    「安倍はヒトラーだ」
    「安倍の葬式はウチが出す」

     

    「日本死ね」
    「報道しない自由」
    「エビデンス?ねーよそんなもん」

     

    「自衛隊は人殺し」
    「日本は日本人だけのものではない」

     


    どれだけ日本や政治家を貶めようが、バカにしようが、言いたい放題。甚だしきは、「皇室の維持は税金の無駄」なんていう奴までいる。こんなの、世が世なら斬り殺されてるぞ。

     


    そして民主主義。

     

    選挙に勝ちさえすれば、首長なり議員の地位を得られる。それは即ち、(実質)外国人であっても行政や立法、予算配分などに関われる、ということ。

     


    北米のシナ・韓国系議員や首長を見てみろ。北米に住んでいながら、言動はシナ・韓国の意向と同じではないか。北米に反日国家の「飛び地」ができるようなもので、そこはすでに侵略されているのと同じこと。

     


    そして沖縄県知事を見ろ。米軍に対しては年がら年中文句を言いながら、支那の侵略行為には無言。これが何を意味するかは言うまでもなかろう。

     


    自由や民主主義は他国の侵略を許す隙があるのだ。

     

     

    その点、支那や北朝鮮のように自由を認めず、独裁政治であれば「隙」はない。政策決定・実行のスピードも民主国家とは比べ物にならない速さだ。

     


    残念なことに民主国家では、隙をつかれた結果も「民意」として片づけられてしまう。

     

    2009年の日本で民主党政権が誕生したのも、「民意」になってしまうのだ。たとえそれが、他国による執拗な工作活動の結果であるとしても。

     


    民主党政権下の日本、稲嶺市長下の名護市は散々疲弊した。日本と名護市のための政治は行われなかったのだから当然だ。

     


    しかし日本人はその悪政を変えた。

     


    「変えまい」とする、マスゴミ総動員の凄まじい工作が行われたにも関わらず、だ。そしてその変化は、私は日本にとって好ましいものだと考えている。

     


    支那人よ、お前らは国を良いほうに変えられるか?

     


    百田さんがたま〜にリツイートされるアカウントがある。

     

    地蛋
    https://twitter.com/Wl9uZ

     

    このアカウントのQRコード↓

     


    アカウント主は、支那から帰化した人物なのだそうだ。支那の各地で起きている暴動の動画をしばしば投稿されている。

     


    支那では毎年、何万件も暴動が起きているとか。(最近日本では全く報じられなくなったが)


    「こんな社会じゃダメだ!この国を変えるには自由と民主主義が必要だ!」と殊勝なことを考える支那人もいるかもしれない。

     


    しかし、繰り返しになるが自由と民主主義は隙だらけで大変だぞ。

     


    他者からツケ込まれるのが嫌なら、共産党独裁の奴隷のままのほうが正しい選択かもしれない。

     


    民度と政治・情報リテラシーが伴っていない民主主義がどんな結果をもたらすか、現在の韓国を見ればよくわかる。破滅へまっしぐらではないか。

     


    支那人は自らの資質を勘案して、国を良い方に変えていける自信がなければ、今の後進国&奴隷の地位で満足するべきだ。

     

    徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり
    徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり

     


    コメント
    コメントする