サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





熊本真和中学校生保護者のみなさん 韓国人が教育に干渉してますよ!

0
    恥ずかしいことに、私は全く知らなかった。 
    先日、ネット上で拾ったコレ。

    【熊本】忠清南道教科書訪問団−真和中に抗議!
    http://kyoukashoosaka.blog39.fc2.com/blog-entry-39.html


    (2011年)7月4日から7日まで、教科書選定に口出しするため、韓国人の団体が熊本に来ていたのだ。

    韓国人が「友好」を叫びながら、日本に干渉・浸食してくる様子が実によくわかる。

    何が友好か。
    ヘドが出るわ。


    上の記事の概要を以下にまとめてみる。



    7月4日 
    ・忠清南道議会議員(教育担当)の金知哲なる人物を団長とする「日本の歪曲歴史教科書不採択のための忠清南道訪問団」10名(うち2名は中学生と高校生)が来熊
    (以下、主な主語はこの訪問団である)


    7月5日 
    ・県教育委員会を表敬訪問

    ・人吉市を訪問し、「歪曲歴史教科書」不採択の要請 
    (この記事いわく、人吉球磨地域は2005年の採択で、「とてもあぶない地域」だった 結局この時は、この団体の抗議で不採択)
    ・「人吉球磨の教科書問題を闘う人達」と交流

    ・八代へ移動 教育長が出迎え、「暖かい雰囲気の中で」要請 「地元の仲間」も参加

    ・夕方から熊本市で日韓高校生交流会 熊本の高校生4人が参加

    その高校生の意見
    「知らなかった」
    「嘘ばかり習ってきたのではないか?」
    「韓国と交流してもっと本当のことが知りたい」

    熊本の高校教師の提案
    「今後韓国を訪問して、子どもたちの交流の機会を作りたい」


    7月6日
    ・熊本市教育委員会訪問 杉原教育部長などが対応

    ・阿蘇観光後、大津町教育委員会訪問 「大津で教科書問題を闘うみなさん」も参加

    2009年に自由社版歴史教科書を採択した熊本市の私立真和中学へ

    以下に、記事から引用してみる。

    玄関で要請文を手渡そうとする訪問団に対して、真和中徳丸事務長は、「校長から受け取るなと言われている」と頑として受け取りを拒否し追い返そうとしましたこれに怒った忠南の訪問団は、雨の中校門で横断幕をもって立ち続けました下校途中の鎮西・真和中高校の生徒たちが横断幕を見ながら何事かと立ち止まり、黒山の人だかりとなりました。


    これに慌てた事務長は、立ち退くようにわめきましたが、言葉が通じません。すると、学校側は直ちに警官隊を導入しました。警察は「ケンカだと聞いて来た」と言いながら、訪問団を「不法侵入」を口実に追い出そうとし始めました。警官の数は次第に増え10名以上となりました。事前に学校が出動要請していたことは明らかです。訪問団は毅然として、申し入れ書を受け取るならすぐに引き上げると詰め寄りました。


    さらに校門前は子どもたちと通行人であふれ、車も入れなくなるほどです。雨も激しくなり、訪問団は全身ずぶ濡れになりながらたち続けました。すると学校側は、その場で申し入れを受け取ると言い出しましたが、訪問団は正式に事務室で受け取れと突っぱねましたこうした要請に真和中は屈服し、校舎内で正式に申し入れを受け取ることとなりました。それを確認してその場を引き上げました。


    その後開かれた総括集会で、全員が勝利を確認しました。熊本と忠南の10年以上に及ぶ民衆連帯の成果です。これから先は熊本の側の闘いになりますが、すでに鎮西学園と真和中の卒業生、父母への呼びかけ文が出来ており、今後ネットを通じて広げます。全国のみなさんからも真和中へ手紙やメールなどの集中をお願いします


    引用ここまで


    7月7日 
    ・熊本市中央高校国際科クラスの授業に子どもたちが参加 ハングルでの会話、贈り物・メルアド交換など打ち解けた雰囲気で交流


    最後に、もう一度引用する

    真和中のように韓国の訪問団を追い返す学校もありますが、大歓迎する学校も熊本にはあり、ほっとしました。

    真和中が、教科書に関する抗議の文書を正式に受け取ったのは初めてのことです。「つくる会」教科書を採択すると言うことが熊本と忠南の27年に及ぶ姉妹関係を破壊する大変な問題であることを、真和中上田校長は初めて知ることとなったのです。これをきっかけに私たちはさらに真和中に追い打ちをかけます。なんとしても「つくる会」教科書を不採択に追い込みます。


    引用ここまで。


    のぼせ上がるんじゃないカス民族朝鮮人!

    日本人の教育に干渉すんな!
    何が「姉妹関係」だ冗談はよせ。
    お前らは敵だ!



    読めば読むほど虫酸が走る。

    久々にキレちまった。


    この記事からわかったこと、感じたことをまとめてみる。

    ・人吉、八代、大津には朝鮮人の手引きをする確たる勢力が存在する

    ・人吉の教育界はもうひとがんばりして欲しかった

    ・真和中学校に通う生徒の保護者は、この件についてどのように反応したのだろうか
    ・真和中学校のOBはこの件をどのように考えているのか
    ・真和中学校は支援を必要としている 上田校長を応援しよう

    ・中央高校国際科は危険か

    ・熊本の教育に干渉してくる韓国忠清南道とは絶縁しろ

    ・これほどあからさまな内政干渉も、熊本のローカルマスゴミはおそらく報じていないだろう(確認はしていない)


    この問題は今後も追い続ける。


    真和中学校生の保護者の皆さん、韓国人のこれほどの横暴を許して良いのですか?

    あなた方は、韓国人ごときに子供の教育へ干渉されて平気なのですか?

    一致団結して行動し、毅然と拒絶しないと、未来永劫朝鮮人に口出しされますよ!



    これをご覧になった熊本在住の方、特に教育関係者のみなさんはぜひ拡散をお願いしたい。
    そしてしかるべき相手に抗議や支援の意思を伝えて頂きたい。


    管理人からお願い致します。
    <(_ _")>

    (追記)
    この件は2ちゃん的韓国ニュースさんに続報があります。

    「韓国市民、日本の歴史歪曲阻止に力を貸して欲しい」〜元旦に熊本市民団体から届いた要請文
    http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1633080.html

    反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)
    反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)

    コメント
    当時通ってたけど煩かったのだけは覚えてる。
    あれチョンだったのか、洗脳されたキチガイはしょうもないね。
    • あつ
    • 2015/07/30 12:37 AM
    通報したのは生徒。
    確証のない戯言を喚き立てるな。
    • K
    • 2015/02/04 9:50 PM
    現在の生徒です。
    こんな詳しいことは、初めて知りました。
    朝鮮の人でも、全員が悪い人とは限りませんが、立場のいい人達は、いつも自分勝手だなと思いました。
    • みあ
    • 2013/02/20 10:32 AM
    菊池市民です。朝鮮映画祭は、市民の誰一人望んでいないのに、朝鮮ボケの福村市長が、肝いりでやっています。先週も朝鮮に行ってたみたいです。市のHPでは、朝鮮に向けて動画配信していますし・・・
    「朝鮮人に関わるとろくなことはない!」とは良く言ったものです。
    • RON
    • 2011/09/08 8:50 AM
    それをいうなら、学園大もひどいと思いますよ。学園大の学食をのぞいてみては如何ですか? 菊池市も多分腐っていると思います。朝●●連でがんじがらめの監督さんが映画祭を開催されていますし・・・ この発言 人権擁護法案が発動されたら、死刑ですかね?
    • あずみ
    • 2011/09/06 11:37 PM
    コメントする