サイト内検索など


最近のエントリー

書籍紹介

カテゴリー

このブログの目標
(「とりあえず」含む)

「日本の国益と日本人を守る」
特アに関する知識の流布
中国共産党の失脚
南北朝鮮は完全無視(日本の国益を損なう行為には断固対処)
売国議員の一掃
日本と日本人のための保守政党誕生
日教組消滅
社民党の消滅
創価学会のカルト指定
通名報道の禁止
在日特権の廃止
在日朝鮮人の半島への送還
日本不法滞在・殺人・強姦・傷害犯罪への厳罰化
スパイ防止法制定
核兵器およびそれ以上の兵器による武装
朝日新聞社の倒産
毎日新聞社の倒産
TBSの倒産
NHKの倒産
パチンコ産業消滅
消費者金融業消滅
竹島奪還
北方四島奪還
当ブログは「日本のこころ」「日本第一党」「新風」を応援しています
サイトはこちら 日本のこころ 日本第一党 維新政党「新風」

自民党以外で日本にふさわしい政党は、この三党をおいて他はありません。
まずはこの三党を野党にしましょう。
他は国籍も定まらない、支那人・朝鮮人の団体に過ぎません。


熊本でパチンコやパチスロに散財してるヤツ 熊本でパチンコの宣伝や番組を流布しているマスゴミそしてそれらに出演してるタレント達へ

お前ら自分の姿を客観的に見てみろ お前らのやってること、松木薫さんのご家族の前で胸を張って言えるか? 恥を知れよ





安倍新総裁おめでとうございます そして谷垣前総裁へ

0
    安倍新総裁おめでとうございます!


    このブログでの予告どおり、今後は自民党を応援させて頂きます。

    マスゴミは早くも安倍新総裁のネガキャンを始めていますが、前回の安倍政権と同じようにはさせません。


    長い民主党政権の間、こちらは攻撃力に磨きをかけました。

    マスゴミを黙らせる準備は万端です。

     
    そして谷垣前総裁へ。

    このエントリーは、谷垣前総裁への以下のメッセージがメインであります。

    2010年7月の参院選前、熊本にいらっしゃった際、握手をして頂きました。
    あの時はありがとうございました。


    世間では「弱腰」だの「迫力不足」だの言われ、あげくの果てに(ネット上では)「ハニ垣」などと呼ばれていましたが、私はずっと「谷垣総裁は凄い」との印象を持っていました。

    (余談ながら、「谷垣議員がシナで買春した」との捏造記事を掲載した週刊文春は裁判で完敗している)


    「極めて優能な方である」との主旨で記事を書いたこともあります。


    「景気条項の入ったババ」である増税法案を民主党に引かせたのは絶妙だったと私は感じます。
    増税したのは民主党、政権交代後に景気対策を行うのは自民党、という形になるからです。


    谷垣さんが優れているとの認識はずっと変わらず、総裁の座を降りられたいまでも、「自分の考えは正しかった」と自負しています。


    そして今回の総裁選。

    安倍新総裁を祝福された後、


    「今日から私は陰の男になります」


    とおっしゃいましたね。

    私はあやうく泣きそうになりました。


    マスゴミは全て敵という環境の中、野党暮らしの長い自民党を分裂させることなく、選挙にも勝ち続けた。


    総裁としてこれ以上ない手腕を発揮していながら、表舞台には上がることなく、静かに身を退く。

    不平不満は一切言わない。



    心無い人は


    「政治家としてお人好しすぎる」
    「もっと器用に、したたかに立ち回ったら?」



    などと言うでしょう。
     

    でも谷垣さん、私はあなたのような人が大好きです。


    お人好しで何が悪いのですか?

    お人好しで不器用で、したたかさに欠けていたら、時には他人に出し抜かれることもあるでしょう。


    しかし、それも全ては善意が根底にあってのこと。


    私は谷垣さんを侍のイメージと重ねています。
    凄腕でありながら、目立つことなく、孤高に自分の流儀と忠を貫く。


    まるで日本人そのものではないですか。
    嫌いになれるはずがありません。



    善意を感じ取り、共感し、善意を返してくれる人は少なからずいるものです。

    ここは日本人の国です。
    善意を悪意で返す、どこぞの民族の巣窟ではないのです。


    谷垣さん本人がこのブログを読まれることはまずないと思いますが、もしもご覧になっていたら、いつかぜひ熊本にいらっしゃって下さい。


    何らかの形で、参院選以来のお近づきの機会があれば大変うれしく思います。
    ささやかながら、私にも善意をお返しさせてください。


    ここまで自民党を壊すことなく、日本人の意思の受け皿を守って頂き、本当にありがとうございます。


    いまはゆっくり養生なさってください。

    ご夫人を亡くされてからも、党の運営で気持ちが休まることは無く、精神的にも困憊されていることでしょう。


    来たる総選挙に向け、しっかり充電をお願いします。


    谷垣総裁でなければ、これほど早期の解散は実現できなかったでしょう。

    あなたは日本に必要な政治家です。
    本当にお疲れさまでした。




    (追記)
    訪問者の皆さま、谷垣さんに対する私の評価は過賞でしょうか?

    この機会に谷垣さんのWikipediaをじっくりお読みください。


    悪意の編集をされていない限り、おそらく私と大差ない印象を受けられるのではないでしょうか。

    Wikpedia 谷垣禎一
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%9E%A3%E7%A6%8E%E4%B8%80

    そしてお時間があるなら、こちらの動画もご覧ください。



    私は泣きました…谷垣前総裁 退任演説動画


    自民党の底力
    自民党の底力

    コメント
    薫子さま

    熊日コムにメールできるのですよね。
    私も今朝それに気付き、手ぐすね引いています。
    先日も自民党の公約の一部について、「その後安倍総裁の発言はトーンダウンしている」という記事があり、「ん、どこが?」と思ったのですが、これからはおかしいと思ったときにどしどしメールすることにします。
    • のど飴
    • 2012/12/01 10:52 AM
    熊日コムに安倍新総裁への偏向報道・印象操作の抗議を、初めて送りました。

    国士・安倍先生を今度こそマスゴミから守りたいです。

    私も熊本です。
    谷垣総裁に握手して貰いました。
    爽やかで清潔感溢れる気品あるオジサマで、感動しました。

    真正保守自民党への一歩を、微力ながら応援していく所存です。
    • 薫子
    • 2012/09/27 2:03 PM
    コメントする